「4-in-1 スマートコーヒーメーカー」でのコーヒー淹れ方

「4-in-1」でのコーヒーの淹れ方

我が家のコーヒーメーカー GEVIの「4-in-1 スマートコーヒーメーカー」での
コーヒーの淹れ方をご紹介いたします。

★コーヒー豆

普段使用しているのはコーヒー豆は安定のKALDIのイタリアンロースト
コーヒー豆 KALDI イタリアンロースト
酸味がある豆は我が家は苦手でガツン系なので好んで購入しています。

★豆をミル

豆をまずはグラインダー上部の豆入れに投入。
コーヒー豆入れ
ここでの量は適当に入れてますが、計量機能もこの「4-in-1」にはあります。
1人前で15g程度は必要そうです。

豆と同時に水も用意
分かりにくいのですが右側の柱の後ろの蓋を開けると注水口があります。
「4-in-1」のメニュー画面
蓋を閉める&ケトル+フィルターをグラインダーの下にセット。

メニューからモードを選択。
ちなみにメニューはタッチパネルなのでハイテク感(死語)が
なんかうれしい。。。
「4-in-1」のメニュー画面拡大

    メニューは

  • 簡単モード
  • マイレシピ
  • バリスタモード

がありますが、私はほぼ「簡単モード」しか使ってません。
他のメニューでは細かなチューニングができますが
正直設定に手間がかかりすぎるので我が家では未活用。

簡単モードを選択して、豆か粉かをチョイスできます。
豆をチョイスすると豆がミルされますが、
グラインダーでミルの細かさを設定できます。

「4-in-1」のミル前面   「4-in-1」のミル上部より

グラインダーの設定は自分でクリクリ回します。
かなり細かく設定できます。
メニューでグラインダーの数字を設定してミル開始。

ここで下にフィルターなどをセットしていないと悲惨なことに。。。
掃除機の出番となってしまいます。

これでミル完了

★ドリップ

簡単モードの場合はミルが完了するとメニューが自動的にドリップに手順になります。

「4-in-1」のメニュー画面 ドリップ
メニューに「ケトルを動かせ」と親切に案内してくれます。

ドリップを開始すると写真のようにお湯が出てきますが
出てくる部分がクルクルと回転してフィルタ―内にまんべんなく
お湯を注ぎます。

「4-in-1」のドリップ中

さらに注湯タイミングなども最初少しだけ入れて蒸らして
間隔をあけて。。などバリスタのようです。
メニュー画面でも注湯の量やタイミングがリアルタイムで見れます。

「4-in-1」のメニュー画面ドリップ中

これでコーヒーのできあがり!!

グラインダーの設定25でミル&ドリップだと少しすっきりな感じのコーヒーになりました。

コーヒー