USB Type-C PDとかって何?

パソコンの電源用のUSB購入したいんですが。。。

今回は周りの方から立て続けに
「USBケーブルを購入したいのによく分からない。」
と質問を受けたので簡単に私の知る範囲で説明します。
たしかにややこしいのですよね。。。
もし購入を検討される場合は参考に。

USB Type-AとかCって何?

Typeはコネクターの形の規格で最近はType-Cという形で主流です。
Type-Cは上下の区別はなく、Type-Aなどのようにminiのコネクターなども今のところ存在しません。

【Type-Aのコネクターの写真】
形は長方形なのですが、上下に区別がないように見えるのですが
コネクター内の白い部分があるため受け口とあうように
上下を意識して差し込む必要があります。

【Type-A マイクロのコネクター写真】
マイクロコネクターは台形の形をしているのでこれも上下があります。
携帯などの充電口がこの形のものが多かったですね。

【Type-Cのコネクター写真】
最近主流の形で、上下関係なく差し込めます

Type-Bというものありますが、
最近はあまり見なくなったのでここでは割愛します。

USB 3.0とかって何?

USB2.0とか3.0とかはUSBの規格の違いで
データの転送速度が大きく違います。
数字が大きければ転送速度も速くなります

  • USB2.0  データ転送速度 480Mbps
  • USB3.0  データ転送速度 5Gbps
  • USB3.1  データ転送速度 10Gbps

G,Mbps??? 難しい記号がでてきましたが、
Mはメガバイト。GはギガバイトでGがMの約1000倍と思ってください。
bpsはbit-per-secondの頭文字をとっており、
1秒当たりのデータ転送速度の単位です。
つまり、1秒当たりのデータ転送速度がUSB2.0の規格のものより
USB3.0の規格対応のもののほうが5×1000÷480でざっくり10倍速い。
さらにUSB3.0規格対応とUSB3.1規格対応のものだと10÷5で2倍
データ転送速度が速くなります。
簡単に言うと数字が大きい方が一度に多くのデータを送れるということです。

なお、最近は

USB3.0はUSB3.1 GEN1
USB3.1はUSB3.1 GEN2

と表記するようです。
予算が許すのであればUSB規格は数字の大きなものが性能的に優れてますので
購入をお勧めしますが、一般的なデータ転送用途であればUSB2.0 程度でも十分です。
ただし、映像出力に使うなどの場合はUSB3.1の規格のオルタネードモードや高速なデータ転送速度が必要な場合があるのでUSB3.1対応のケーブルの購入をお勧めします。

PD対応って何?

USB TYPE-Cのケーブルを購入するときにPD対応などと書かれているものがあります。
これはPowerDeliveryの頭文字をとったもので、最大100Wまで「電源を供給できる」という意味です。
今までのUSB規格でも省電力などは問題なかったのですがPCなどの充電となるとそれなりの電力を供給しなければならないのでPD対応のUSBケーブルを購入しないといけません。

まとめ

USBは
・TypeA,B,Cなどはコネクターの形状
・2.0 3.0 3.1などはデータ転送速度の違い
・PDは大容量の電源供給が可能か否かです。

ちなみに私もPCの電源ユニットが重いので
小さなACユニットとUSB Type-CのPD対応ケーブル
でPCに充電しています。

私の知っている範囲&調べた結果ですが誤りがあればごめんなさい。
購入時のご参考に。

HDMIケーブルについても記事を書いたので
こちらも見て頂けるとうれしいです。